押出し成形【各プラスチック成形法】

押出し成形とは、丸棒・板・チューブ・塩ビパイプなどの製品を形成するプラスチック成形法になります。
成形時、押出し口(金型)から製品となるプラスチック押出されていきます。

ホッパーより投入したプラスチック樹脂ペレットをシリンダーで加熱溶融しダイ(金型)から押し出されていき断面形状が一定の製品を成形する成形法になります。

押出し成形の工程

押出し成形の工程は基本的にはホッパーよりプラスチック成形材料を投入し、加熱シリンダーで加熱溶融されます。加熱溶融された樹脂を押出し機のスクリューにて金型へ押出されて行き金型の断面形状を形成し金型から押し出されて行きます。金型から押出された成形品をサイジングという工程に入ります。
サイジング工程とは、金型から出てきた成形品の形状を冷却し形状を整えます。
そのあと、引取機にて成形品を運び、切断機にて成形品をカットしていきます。