真空成形・圧空成形

真空成形とは、熱可塑性樹脂のシートまたはフィルムを加熱軟化させて真空吸引し型に密着させて形状を形成し製品を成形する成形法です。

プラスチックトレー、食品ケースから車のフロントバンパーなど様々なものが真空成形にて作り出されています。

プラスチック射出成形に比べると金型コストが安く、金型ではなく木型を使用するケースも多く更にコストが抑えられる。

単発真空成形と連続真空成形がある。

真空成形の工程

材料となる樹脂シートまたはフィルムを供給し、クランプします。
ヒータにて樹脂シートを加熱軟化させて、真空吸引し成形します。
金型又は木型に樹脂シートが密着され形状を形成します。
冷却後、成形品を型から離型します。
離型された成形品を取り出し、トリミングなど仕上げ工程をします。