プラスチック射出成形について

私たちが日常生活において普段から使用・目にしているプラスチック製品のほとんどがこのプラスチック射出成形により生産されております。

家電製品・日用品・雑貨・電子部品・車部品・医療機器などあらゆる分野多岐にわたり使用されています。

射出成形について

成形機のホッパーより樹脂原材料を投入し、射出ユニットにて樹脂材料を加熱溶融し、ノズルから金型内へ注入し冷却固化させて製品を形成する成形法になります。

量産性の良い加工技術で、日常よく目にするプラスチック製品の大半はこの射出成形により生産されています。

射出成形の工程

成形事前段取り

成形機に金型を取り付け作業をおこないます。

金型に温調などを設置し、金型温度の設定します。

プラスチック樹脂原材料の供給準備。

また、成形条件などの設定を成形機のコントローラーにて設定します。

成形工程

  • 型締め
  • 射出
  • 保圧
  • 冷却
  • 計量
  • 型開き
  • 製品の突き出し、押出し
  • 製品取り出し

型締め

金型を閉じる工程になります。
射出成形時に金型が開かないように高圧力にて金型を締め付けます。

射出

シリンダーにて加熱溶融された樹脂をノズルより金型内へ射出注入し充填させます。

保圧

金型内に充填した樹脂を圧力を加えます。

冷却

金型に射出注入された樹脂を冷却して固化させます。

型開き

金型内に充填固化された製品を取り出す為に金型を開きます。

製品突き出し、押出し

金型から製品を押出し離型させます。

製品取り出し

金型から離型された製品を成形機から取り出し機などで取り出します。

成形機

射出成形機とは、プラスチック製品を形成する機械になります。

プラスチック樹脂原材料を加熱溶融し金型に流し込み冷却固化させて製品を成形します。

成形機の動力源として油圧式、電動式、ハイブリッド式などがあります。

油圧式成形機

油圧により金型開閉など作動をおこないます。

高圧の型締め力を比較的容易に実現できるなどのメリットがあるが、精密な制御

が難しい、消費電力が大きいなどのデメリットがあります。

電動式成形機

ACサーボモーターで作動をおこないます。

油圧式に比べて比較的精密な動作、作動音も静か、消費電力も低いメリットがあります。

ハイブリッド式成形機

油圧式と電動式を組合せ、各々のメリットを出すことを目的とした成形機です。

射出成形機の仕組み

プラスチック射出成形機は大きく型締機構・射出機構・コントローラに分かれます。

型締機構は金型の開閉、製品押出し(エジェクター)をおこないます。トグル式・直圧式があります。

射出機構はホッパーより投入したプラスチック樹脂材料をシリンダーにて加熱溶融し、計量して金型へ射出注入します。

コントローラは射出圧力、射出速度、シリンダー温度などの成形条件を制御をおこないます。

成形条件

成形条件とは、成形により形成される製品を得る為に設定する条件になります。

成形条件により製品の外観や寸法などが変化するので品質上、成形条件の設定は重要になります。

成形材料の予備乾燥・成形機のシリンダー温度・金型温度・射出速度・射出圧力・保圧・計量・冷却時間などがあります。

製品により最適な条件を設定する必要があります。