PS樹脂-ポリスチレン樹脂-

PS(ポリスチレン)は日用品から工業製品まで幅広く使用されています。
「スチロール」とも呼ばれています。

PSは汎用樹脂で安価で日常良く目にする日用品によく用いられています。

ポリスチレンは、GPPS・HIPS2つのグレードが良く使われており、GPPSは透明度が高く剛性に優れとぃます。HIPSはゴム成分が含まれており耐衝撃性に優れています。

用途として、台所用品、装飾品、容器、玩具、文房具、雑貨、家電製品、日用品、CDケース、トレー、エアコン部品、キャビネットなど多くの用途として使用されています。

PS樹脂の長所

  • 安価
  • 成形性に優れている。
  • 透明性に優れている。
  • 着色性が良い。
  • 電気絶縁性
  • 電気的性質に優れている。
  • 寸法安定性
  • 工学的性質が良好
  • 軽量
  • 高周波特性が良好
  • 発泡性
  • 耐候性
  • 耐薬品性

ABS樹脂の短所

  • 耐熱性
  • 耐衝撃性
  • 油・有機溶媒類に弱い

ABS樹脂の物性

成形特性 射出成形温度(℃) 160~280
乾燥温度(℃)
乾燥時間(h)
射出成形金型温度(℃) 20~80
成形収縮率 0.1~0.6
物理的性質 比重 1.03~1.05
透明性 透明
吸水率(%) 0.03~0.08
機械的性質 引張り強さ(kgf/c㎡) 350~650
伸び率(%) 1~2.5
引張り弾性率(kgf/c㎡) 250~350
圧縮強さ(kgf/c㎡) 810~1120
曲げ強さ(kgf/c㎡) 600~980
熱的性質 熱伝導率(10⁻⁴cal/sec・cm/℃・cm) 2.4~3.3
比熱(cal/℃・g) 0.32
熱変形温度(℃)(18.5Kg/cm²) 105
電気的性質 体積抵抗(Ω・cm)(23℃、50%RH相対湿度) >1016
化学的性質 弱酸の影響
強酸の影響
弱アルカリ性の影響
強アルカリ性の影響

※このページの掲載情報は当社が保証している情報ではございません。