成形品の特殊印刷-ホットスタンプ-

プラスチック射出成形品の2次加工印刷のホットスタンプとは、
箔押し、ホットスタンピングとも呼ばれ、金属の光沢を装飾する事が出来き、プラスチック成形製品の付加価値を高める印刷技術の一つです。

ヘアライン箔や金箔、銀色箔、ホログラム箔などの箔を用い、文字や模様、柄などを対象物に装飾する加工方法です。

ホットスタンプを施された製品は日常良く目にする製品にもあり、容器やパッケージ、エンブレムなど様々な製品、自動車部品、生活雑貨、医療機器、電化製品、アミューズメントなど様々な分野の製品に使われております。

ホットスタンプは加熱した凸形状を施した箔版でプレスし熱と圧力を加えて製品にフィルムにコーティングされた箔を熱圧着させて転写させます。

ホットスタンプのメリット

前処理や下地処理がいらない

乾燥工程がいらない

マスキングなどが不要

メッキ、塗装に比べて安価

多色を組み合わせても一工程で対応可能

金属光沢の対応が可能