成形不良

プラスチック射出成形において、成形品の不良現象として様々あり、下記に現象と原因及び対策について紹介させて頂きます。

※下記含め当ホームページ内の記載情報は当社が保証するものではございませんので、参考程度でのご閲覧をお願い致します。

各成形不良の現象

  • バリ
  • シルバーストリーク・銀条
  • ショートショット・充填不足
  • ウェルドライン
  • ジェッティング
  • フローマーク
  • ソリ
  • ヒケ
  • ボイド・巣・気泡
  • 離型不良
  • ガスやけ
  • クラック
  • 光沢不足

バリ

バリとは金型のPL、スライド、入れ子などの分割面から成形品に樹脂がまわり薄く肉がついてしまう現象。

原因は、各分割面の金型合わせ調整不足、成形時の型締めが弱い、成形射出圧力が強い、金型の老朽化などがあります。

対策としては、金型の合わせ再調整、型締め力の再検討、射出速度、射出圧を下げる、シリンダー温度を下げる、金型温度を下げる、計量値を下げるなど。

シルバーストリーク・銀条

成形品の表面に樹脂材料の流動方向に沿って銀白状のものが発生する現象。

原因としては、成形樹脂材料の乾燥が不十分、成形材料に異物が混入している、成形温度が高い、射出速度が早い、射出圧力、保圧が低い、エアーの巻き込みなど。

対策として、コールドスラグの見直し、ゲート形状、径の見直し、シリンダー、ノズル温度を下げる、射出速度を下げる、乾燥時間、温度の見直し、材料内の異物の確認など。

ショートショット・充填不足

成形品の形状が一部欠けている状態。

原因は、製品形状の肉厚が薄い、成形材料の流動性が悪い、ゲート径が小さい、ガス抜き不足、シリンダー温度が低い、金型温度が低い、射出速度が低い、射出圧力が低い、樹脂量が少ない、シートリングの割れなど。

対策、製品形状、肉厚の見直し、成形材料の見直し、ゲート径を大きくする、ガス抜きの追加、シリンダー温度、金型温度を上げる、射出速度、圧力を上げる、計量の見直しなど。

ウェルドライン

二つ以上の樹脂の流動先端が合流した部分でラインが入り、強度も弱くなる。

原因としては、製品形状に樹脂流動の分岐がある、ゲート位置が悪い、金型温度が低い、樹脂温度が低い、射出圧力が弱い、エアーベント不足などあります。

対策は、製品形状の見直し、ゲート位置の見直し、金型温度を高くする、シリンダー温度を上げる、射出圧力を上げる、エアーベントの設置など。

ジェッティング

成形品表面に樹脂が流れた模様、ひも状の模様が現れる現象。

原因としましては、金型温度・シリンダー・ノズル温度が低い、射出速度が速い、ゲートが小さいなど。

対策としては、金型温度・シリンダー・ノズル温度の見直し、射出速度を下げる、ゲート位置を見直す、ゲート断面積を大きくする、コールドスラグを設けるなど。

フローマーク

ゲート付近に現れる波紋状のもの。

原因、樹脂温度が低い、金型温度が低い、射出速度が遅い、成形材料の流動性が悪い、ランナー径・ゲート径が小さいなど。

対策、シリンダー温度を上げる、金型温度を上げる、射出速度を早くする、ランナー径・ゲート径を大きくするなど。

ソリ

成形品が反ったりねじれたりする現象。

原因、成形材料の収縮によりソリなどが発生する、冷却時間が短い、冷却の不均一、製品形状・肉厚の起因、成形品の離型が悪い、押出し速度が速い、射出圧力・保圧が低い、射出速度が低い、ゲートバランスが悪いなどが考えられます。

対策としまして、冷却時間の調整、冷却バランスの見直し、製品形状・肉厚など見直し、離型を良くする(押出しピンの見直し、磨きなど)射出圧力・保圧を上げる、保圧時間を長くする、ゲートバランスの調整、金型温度の調整など。

ヒケ

成形品の表面がへこんだ状態になる現象。

原因として、製品の肉厚が厚い・偏肉、金型設定温度が悪い、射出圧が弱い、保圧が弱い・時間が短い、冷却時間が短い、ランナー径が小さい、ゲート径が小さい、樹脂の充填不足など。

対策は、成形品形状・肉厚の見直し、金型温度の調整、射出圧力を上げる、保圧を上げる・時間を長くとる、冷却時間を長くする、ランナー径を大きくする、ゲート径を大きくするなど。

ボイド・巣・気泡

プラスチック成形品の中に空洞が出来る現象。

原因として、成形材料の乾燥不足、金型温度が高い、空気の巻き込み、射出圧力が低い、シリンダー温度が高いなどが考えられます。

対策は、成形材料の乾燥、金型温度を下げる、ゲート位置・ランナーの調整、射出圧力・保圧を上げる、シリンダー温度を下げるなどになります。

離型不良

金型から成形品が取れない、固定側に成形品がとられるなどの現象。

原因、成形品の抜き勾配不足、磨き不足、押出しピンが少ない、射出圧力が高いなどが考えられます。

対策、成形品の抜き勾配の設定、磨き、エジェクターピンの追加、射出圧力を下げるなど。

ガスやけ

成形品の一部が焼けて黒くなる現象。

原因としましては、金型のガス抜き不足、シリンダー温度が高い、滞留時間が長い、ゲートが小さい、射出速度が速いなど。

対策は、金型にガス抜きを設置、シリンダー温度を下げる、滞留時間を短くすようにする、ゲートを大きくする、射出速度の調整など。

クラック

成形品の表面に亀裂・ヒビ・割れなどが発生する現象。

原因と考えられるのは、突き出しスピードが速い、離型抵抗大きい、射出圧力が高い、保圧が高い、金型温度が低い、シリンダー温度が低いなど。

対策は、突き出しスピードを遅くする、金型の磨きを良くする、エジェクターピンを追加する、抜き勾配をとる、射出圧力を下げる、保圧を下げる、金型温度を上げる、シリンダー温度を上げるなど。

光沢不足

成形品の表面がくもっている現象。

原因は、金型の磨き不足、金型温度が低い、射出速度が遅い、射出圧力が低い、保圧が低い、、金型のガス抜きが不十分、シリンダー温度が低いなど。

対策は、金型の磨きレベルを上げる、金型温度を上げる、射出速度を速くする、射出圧力を上げる、保圧を上げる、金型のガス抜きを充実させる、シリンダー温度を高くするなど。