大阪 北野化成の試作の流れ

大阪 北野化成の試作について御見積りから試作成形品の納品までについて紹介させて頂きます。

試作の御見積り

試作の御見積りについて、

まず図面など送付お願い致します。
ラフスケッチなどでもご相談下さい。概算になりますが回答させて頂きます。

2D図面(DXFデータ、PDFデータ)、3D(XTデータ、STEPデータ、IGESデータ)があればスムーズに見積検討及び対応可否について検討させて頂けます。

御見積りは最短で対応させて頂きます。
早ければ当日に回答致します。

また、成形樹脂の材料グレード及び成形品の数量、手配時期などお決まりであれば合わせてご連絡お願い致します。

成形品の2次加工(塗装・印刷など)も承りますので2次加工などございましたらその内容もご連絡頂ければと存じます。

試作のご注文について

ご注文頂き着手致します。
最終図面、最終データなどご送付お願い致します。
ご希望の納期及びご要望などお伝え下さい。

材料の手配、金型の設計を進めて参ります。

金型構造などのご承認

金型の設計にあたり、PLライン・分割ライン・押し出しピン位置・ゲート方式・ゲート位置などを決定しお客様と打ち合わせさせて頂きます。
お客様にご承認頂き、金型設計及び金型製作を進めさせて頂きます。

金型設計

上記お客様との打ち合わせさせて頂きました内容に沿って金型設計を進めていきます。

簡易金型の製作

上記金型の設計に沿って簡易金型を製作致します。

各金型パーツをマシニング加工、NC加工、放電加工、ワイヤー加工にて進めます。

各金型パーツが出来上がると仕上げ加工に調整及び組立てして完成致します。

プラスチック射出成形トライ

簡易金型が完成すると、弊社保有のモールドベースのカセット型に組み込みプラスチック射出成形のトライを実施致します。

成形条件など調整し最適な成形条件にて成形品を取ります。

検査・寸法測定など

上記プラスチック射出成形のトライにて取れた成形品を検査致します。
外観検査、寸法測定検査など行い、問題なければ確認用サンプルをお客様へ納品致します。
問題があれば金型修正などを行い再度成形トライを実施致します。

プラスチック射出成形の生産

成形トライ品の確認サンプルをお客様にご確認頂きご承認頂いた段階でご注文の製品数量分を成形生産致します。

成形生産完了後、梱包しお客様へ納品させて頂きます。

金型の改造・アフターフォローなど

金型の改造及びアフターフォローなど対応致します。

成形品の納品後にまた形状を変えて製品が欲しいなど、
弊社は一定期間、簡易金型の保管データ関係の保管などしておりますので金型の改造など対応致します。

また、再生産などももちろん承ります。