プラスチック成形品の特殊印刷-スクリーン印刷-

プラスチック成形品の2次加工の特殊印刷としてスクリーン印刷があります。

スクリーン印刷とは孔版印刷の一種になり、ナイロン、ポリエステル、テトロン等の合成繊維やステンレス等の金属繊維で織ったスクリーンメッシュを使用した版を用い対象物へ印刷します。

スクリーンメッシュを乳剤でコーティングし、印刷に不要な部分を紫外線を当てて硬化させスクリーン版を製作します。
スクリーン版の上にインクをのせてスキージで対象物に押し当てて転写します。

以前はスクリーンに絹を使用していたのでシルクスクリーン印刷と呼ばれておりました。
現在では、ナイロン、ポリエステル、テトロン等の合成繊維やステンレス等の金属繊維で織ったスクリーンメッシュを使用しています。

スクリーン印刷の工程

スクリーン印刷は製版の工程と印刷の工程があります。

製版の工程

印刷物の大きさに合わせアルミ、鋳物または木製の版枠にスクリーンメッシュを貼り付けます。
スクリーンメッシュに乳剤をコーティングします。

ポジフィルムの製作。
色毎にポジフィルムを製作します。

ポジフィルムを乳剤を塗布したスクリーンメッシュへマスキングし紫外線を当てて露光します。
紫外線が当たった部分の乳剤が硬化します。

水で洗い流し効果していない部分を取り除きます。
乾燥させて検査して完成します。

  1. ポジフィルムの製作
  2. スクリーンメッシュ及び版枠の選定
  3. スクリーンメッシュを版枠に張り付け
  4. スクリーンメッシュに乳剤を塗布
  5. ポジフィルムをマスキング
  6. 紫外線を当て露光
  7. 洗い流す
  8. 乾燥
  9. 検査