樹脂成形材料

プラスチック成形材料とは、射出成形などで使用される樹脂材料になります。

樹脂材料の特性から大きく分けて熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂に分けれます。

また、汎用プラスチック・エンプラ・スーパーエンプラに分類されます。

熱硬化性樹脂

熱硬化性樹脂とは、加熱すると網状の構造が出来て硬化する性質をもつ合成樹脂。
硬化した樹脂は、再加熱しても軟化、溶解、変形などはしません。

耐熱性や耐薬品性などに優れています。

熱硬化性プラスチック

  • フェノール樹脂 (PF)
  • ポリウレタン (PUR)
  • エポキシ樹脂(EP)
  • シリコン樹脂 (SI)
  • メラミン樹脂(MF)
  • ユリア樹脂(尿素樹脂) (UF)
  • 不飽和ポリエステル (UP)
  • シリコン樹脂 (SI)

成形法

  • 射出成形(インジェクション)
  • 圧縮成形(コンプレッション)
  • トランスファー成形

熱可塑性樹脂

熱可塑性樹脂とは、加熱することにより軟化し、冷却することにより固化する樹脂成形材料。

耐熱性、耐薬品性は熱硬化性樹脂と比較すると劣るが、実用性があり冷却にて固化するため成形速度が速く量産にむいている。

熱硬化性プラスチック

熱可塑性樹脂は汎用樹脂・エンジニアプラスチック(エンプラ)・スーパーエンジニアプラスチック(スーパーエンプラ)に大別されます。

汎用樹脂

  • ABS樹脂
  • AS樹脂
  • アクリル(PMMA)
  • ポリエチレン(PE)
  • ポリスチレン(PS)
  • ポリプロピレン(PP)
  • ポリ塩化ビニル(PVC)

など。

エンジニアプラスチック(エンプラ)

  • ポリアセタール(POM)
  • ポリアミド(PA)
  • ポリエチレンテレフタレート(PET)
  • ポリカーボネート(PC)
  • ポリブチレンテレフタレート(PBT)

など。

スーパーエンジニアプラスチック(スーパーエンプラ)

  • ポリフェニレンサルファイド(PPS)
  • 液晶ポリマー(LCP)
  • ポリエーテルエーテルケトン(PEEK)
  • ポリエーテルイミド(PEI)

など。